小じわに効く化粧品を継続的に使用【肌の若さをキープ】

ウーマン

原因を知って正しく対処

鏡を見る婦人

元々の肌の色に

ニキビ跡の赤みを改善する為には、最初に原因を知るところから始めます。通常跡が赤くなってしまう原因としては、毛細血管が拡張・増殖したか、血管が損傷したか、この2つになります。ニキビは肌にダメージを与えてしまいますが、その時に傷ついた肌を直そうとして患部に毛細血管が集まると、その部分が赤く見えるようになってしまいます。またその症状がよりひどくなると血管にも影響を及ぼし、血液が周辺の組織に浸出してしまう事があります。血液中にはヘモグロビンが有りますが漏れ出したことで酸素を失ってしまい、その結果変色して紫色や赤黒い色になってしまいます。ニキビ跡を改善する為には肌のターンオーバーを正常にする事を意識して行います。通常人間は大体28日周期で肌がターンオーバーしますが、ダメージを受けているとその周期通りには肌が生まれ変わりません。その為、まずは保湿をして出来るだけ肌を乾燥させないようにする事、さらに睡眠時間を確保してホルモンのバランスを整えます。この様に生活スタイルを変えるだけでも症状が改善して行く場合も有りますが、なかなか自力では良くならない場合も有ります。その場合はニキビ跡の赤み改善用の市販薬を利用したり、病院に行って薬を処方してもらう事で対応できます。薬はレチノールを配合した物になっており、継続して利用するとその効果によって肌の赤みが徐々に引いて行く仕組みです。ただどの方法も早くニキビ跡の赤みを良くしたいからと言って使い過ぎると新たな肌トラブルを引き起こす原因となる場合も有るので、必ず指示された通りに使用します。