小じわに効く化粧品を継続的に使用【肌の若さをキープ】

ウーマン

使うタイミングを決める

手

正しい使い方を学ぶ

年齢とともに肌は乾燥しやすくなってきます。そこで、保湿をすればいいと思う人が多くなっていますが、むやみに行うものではありません。一日に何回も保湿化粧品を使っていると、肌は自力で守る力を失ってしまうからです。また、つけすぎてかえってベタベタしてしまうこともあります。使用する場合には適量をつけて、一日にどのタイミングで使うべきなのか決めておきましょう。そのためには、正しい使用方法を学んでおくことも大切です。通常、肌は入浴後や洗顔後などに乾燥しやすくなります。そこで、使うタイミングとしてはこの後です。毎日、入浴している人はそのタイミングで保湿化粧品を使いましょう。洗顔に関しては朝と夜に行う人がほとんどです。つまり、一日二回のタイミングで保湿化粧品を使うようにするというわけです。もちろん、人によって乾燥の度合いが異なることから、一日二回では日中に乾燥してしまうという人もいます。日中は保湿クリームを使うなど、出先でもサッと塗れるようなタイプを使うといいかもしれません。生活環境に合わせて工夫してみましょう。それから、保湿化粧品といってもいろいろなものがあります。自身の肌に合うものを見つけることがポイントです。化粧水をはじめ、乳液や美容液というように、一式、取りそろえた方が有効的なので、まずはトライアルセットで試してみましょう。最近は忙しくて時短でスキンケアをしたいという人が増えてきています。このタイプにはオールインワンタイプの化粧品がお勧めです。